ホーム > ナラティブブログ > 『ナラティブ・ホスピタル』 > ナラティブ・ホスピタル

ナラティブ・ホスピタル2018年12月2日

こんにちは!

メディカルホーム看護・新井です

今日はナラティブ・ホスピタルの一部を紹介します

 

人は誰でも、誰かにとってかけがえのない存在です。

そんな、人の「個」の部分に注目する意識をナラティブは高めます。

その気持ちのまま、ノートにその日のことを書くという小さな行動が

こんなにも家族を喜ばせることを知ります。

ノートに何か書きたいと常に思って患者と触れ合うので

自然と会話も積極的になります。

ナラティブを意識することで

天気や趣味・嗜好、過去の経験など本業には関係ないような話題でも

患者と話す機会が増えます。

患者のナラティブ(物語)を通して患者を深く知ることは

ケアを提供する側にやりがいをもたらすだけでなく

結果的に現場のケアの質そのものを高めることにつながっているということができます。

 

 

 

 

 

ワン・トゥ・ワン・マーケティングも高い、ブランド力を誇るナラティブにしていきましょう!

ぜひ読んでみてください。

最新記事

カテゴリー別一覧

月別一覧

富家病院
医療法人 社団富家会 富家病院
〒356-0051埼玉県ふじみ野市亀久保2197
TEL 049-264-8811(代表)
FAX 049-266-2287