ホーム > ナラティブブログ > 『ナラティブ・ホスピタル』 > ナラティブ・ホスピタル

ナラティブ・ホスピタル2019年3月31日

こんにちは!

メディカルホーム看護・新井です。

 

今日はナラティブ・ホスピタルの一部を紹介します。

 

ナラティブに取り組むことで、患者さんやご家族の話をよく聞くようになった。

 

 

 

 

 

一言、ひとことの意味を前よりも大切に受け止めることができるようになった。

こういうことがノートに書いてあったらうれしいだろうなと思う。

よりホスピタリティ・マインドを高く持ち、患者さんの立場で考えるようにもなった。

一眼レフのカメラを買ったばかりの人が、街を歩くと見慣れた景色でも、「何か撮るものはないかな」と感度を高くして注意深くなる。そんなふうに変化を見つける目を持つことができる。

かつてなら、軽く流していた一言を、今では深く受け止めるようになった。

 

 

 

 

ワン・トゥ・ワン・マーケティングも高い、ブランドを誇るナラティブにしていきましょう!

 

ぜひ読んでみてくださいね。

 

 

最新記事

カテゴリー別一覧

月別一覧

富家病院
医療法人 社団富家会 富家病院
〒356-0051埼玉県ふじみ野市亀久保2197
TEL 049-264-8811(代表)
FAX 049-266-2287