ホーム > ナラティブブログ > 2016年 2月

月別 ‘ 2016年 2月

マラソン2016年2月5日

こんにちは、富家在宅リハビリテーションケアセンター透析室です。

 

2016年1月17日に、富家病院presents第11回新春ロードレース大会が行われました。

 

透析室からは4人が参加し、自分は5Kmの部に参加しました。

この日のために、仕事が終わってから練習をしました。働き始めてからほとんど運動

をしてこなかったので、体力がとても落ちていることを実感しました。

 

当日は、天候にも恵まれ、素晴らしい快晴で、絶好のマラソン日和でした。

今回の目標は完走することです。今までの練習の成果を出そうと思いました。

少し緊張したまま、マラソンが開始される合図が鳴りました。

 

結果は、足を痛めてしまい、途中棄権でした。

来年こそは完走を目指して、練習をしていきたいと思います。

20160205

体力がないと仕事もしっかりできないので、これからは、体力もしっかりつけていこうと思いました。

大切な家族。2016年2月4日

こんにちは、医療相談連携室です。

寒い日が続きますが、体調はいかがでしょうか?

 

先日、プライベートで温泉旅行へ行きました。

夜、お酒の酔いに誘われて、誰でも無料で利用できるカラオケルームを覗きました。

年の頃70代くらいのご夫婦と、その息子さんが、手招きをしてくれました。

 

奥様は車椅子に乗っています。

少し呂律のまわらない口調で、「どんどん入れてね。」と笑顔で促してくれます。

 

「川の流れのように」「さざんかの宿」。発生は強くなく、ゆったりとした歌い方ですが、音程は、ほどよくとれています。気持ち良さそうに、自分のペースで。

ご主人と息子さんは、「うまい、うまい!」と手拍子と拍手で聴いています。

 

「こうなって、もう10年になるのよ。」と奥様。

脳梗塞になってから、10年が経つそうです。

息子さんも笑顔で、「前はすごい早口でしゃべれたんだ」と。

 

この10年間、辛い時、泣きたい時もあったと思います。でも、家族で支え合って乗り越えてこられたのだ、と思いました。

 

 

いつも寄り添って励ましてくれる、大切な家族。

患者様にとってかけがえのない家族に対して、相談員として親身になって向き合い、少しでも不安を取り除き、希望の光を灯してあげられたら。

 

もう二度と会うことはないであろうご家族の、

キラキラ輝く人生の物語の一コマに遭遇できたことに感謝です。

20160204

カテゴリー:富家病院

甘党のKさん2016年2月3日

透析中Kさんは、突然”チーズケーキ!!”と叫ぶことがあります。
どうしたの?と聞くと、”食べたいの・・・”と。ここにはないのよ~。返すととても悲しい顔・・・。
クリスマスの頃には、”モンブラン””チョコレートケーキ””ショートケーキ”ケーキのお話、お正月には、”くりきんとん””黒豆”などおいしそうな話しをスタッフとしていました。どうやら、甘党さんの様です?
Kさん!!スタッフの中でも甘い物好きはたくさんいますので、長い透析時間、甘い話しで乗り切りましょう!!

IMG_0058

カテゴリー:富家病院

新年会2016年2月2日

こんにちは。富家リハビリセンター川越です。

 

早いもので1月が終わり、2月に入りました。

先月は大雪も降り次第に冬本番です。皆様、体調に充分にお気を付けてお過ごしください。

 

さて、富家リハビリセンター川越では、1月12日に毎年恒例の新年会を開催いたしました。軸屋管理者からのご挨拶、毎年恒例の二人羽織り、巨大すごろくを行い、ナラティブのお年玉をみなさんにお配りする事ができました。お年玉は、巨大すごろくで1位のチームに、10000ナラティブです。何方も熱が入り真剣です。

 

皆さん楽しい時間に、初笑いに、興じました。

今年も皆さんの笑顔がたくさん見られますように・・・・・

20160202-1 20160202-2

最新記事

カテゴリー別一覧

月別一覧

富家病院
医療法人 社団富家会 富家病院
〒356-0051埼玉県ふじみ野市亀久保2197
TEL 049-264-8811(代表)
FAX 049-266-2287