ホーム > ナラティブブログ > 2017年 6月

月別 ‘ 2017年 6月

体育祭その12017年6月7日

こんにちは

本館2階病棟 看護師石井です。

病院では

5月31日に患者様の体育祭を開催いたしました。

 

 

普段 屋外に出ることの無い患者様方が

外の空気に触れられ

気持ちよさそうに楽しまれていたのが印象的でした。

しゃしん3

しゃしん1

 

職員による対抗リレーは普段運動不足の職員も多く

みんな必死に走りました。

しゃしん2

 

お天気にも恵まれた楽しい一日でした。

カテゴリー:富家病院

カフェ OPEN2017年6月6日

こんにちは

富家リハビリセンター川越の望月です。

今回は『カフェ 富家リハ川越』OPENのお話です

しゃしん1

ディで5月28日・29日・30日に

3時のおやつの時間を利用してカフェをOPEN致しました。

 

あらかじめメニューを用意していつもと違うお飲み物を提供します。

カルピス・サイダー・緑茶・梅昆布茶・コーヒー・紅茶等

おやつには

皆様からリクエストが多かった かりんとうを用意しました。

しゃしん2

午前中やお昼休みに注文して頂き

水分制限のある利用者様には午前中から控えめにして頂きます。

 

男性利用者様はカルピス

女性利用者様には昆布茶のご希望が多くあり意外でした。

いつもは、あまり水分を取らない方がぐびぐびと飲む姿を見てこちらも嬉しくなりました。

しゃしん4

しゃしん5

最終日には

素敵なマスター(?)が 色とりどりのカクテル風ジュースを作り盛り上げてくれていました。

しゃしん3

ジュースなので皆様一口ずつ香りと一緒に召し上がり

口々に「美味しいねー」と笑顔がこぼれました。

また開催出来ますように・・・

 

 

 

友達2017年6月4日

こんにちは メディカルホームです。

 

YさんとIさんは

いつもご一緒です

何を話されているのでしょうか?

 

Y「ねえ、Iさん。今日はいい天気だね」

I「そうねえ。散歩にでも行きたいわね」

などでしょうか?

しゃしん1

 

Yさんは鹿児島の桜島ご出身

「天気が良いと、火山灰がたくさん降って大変なのよ」

「洗濯ものは外に干せないし、辺り一面が真っ白になってしまうの」

「帰りたいわねえ。でも帰れないからねえ。もう諦めているの」と寂しげだ。

 

Iさんは、最近入居されたばかりで

「なかなか慣れなくて寂しい」と涙を流されることもある。

「家に帰りたい、家族に会いたい」と不穏になって

車椅子であちこち動き回っている。

そんなIさんを優しく見守って声をかけてあげるのがYさん。

 

お友達って大事ですね。

一緒にいてくれるだけで、ホッとする。

何も話さなくても、そばにいるだけで安心。

いつまでもお二人で仲良く楽しくお過ごしくださいね。

 

ブログをご覧のみなさま、こんにちは!

富家病院の心理士の鈴木です。

緑の美しい季節ですね。

気づくと今年も残り半分となりました。

 

今日は2015年に発行された「ナラティブ・ホスピタル」の中から

文章をご紹介したいと思います。

何かを目指す時

私たちは「理想」や「目標」を頭に描きます。

「理想」や「目標」が

明確である程それを達成しやすいと言われているのは、

ご存知のとおりかと思います。

富家病院の理想とは??

それが、以下に記載されています。

 

 

ナラティブ・ホスピタル 第1章

本当の「患者中心」―医療があるべき姿とは(p.25)

 

「どんな病院が理想か?」と聞くと

富家理事長からは決まって

「世界最高クラスのホスピタリティを提供する病院を目指したい」という答えが返ってきます。

1つの例えとして理事長が引き合いに出すのは、東京ディズニーランドです。

(中略)

落ち葉でミッキーを作るカストーディアル(清掃スタッフ)の行動は

「並んでいる時間でも、こうしたら喜んでもらえるのでは?」という

相手への思いやりの表れです。

別にやらなくても、叱られることはありません。

でも、わざわざやるのは相手を笑顔にしたいからです。

あえて、わざわざその人のために一歩踏み出して行動する。

そんなカルチャーを持つ病院を作りたいと、

富家理事長はずっと思っていました。

(中略)

単に病院として治療を行うのではなく

それ以上に「自分がされて嬉しいことを追求したい」という思いがありました。

過ごしていて楽しいとすら思える病院。

最高のホスピタリティを提供できる施設。

それが富家理事長の考える患者第一の病院の理想像です。

 

 

以上です。

世界最高クラスのホスピタリティとなると

東京ディズニーランドすらも凌駕することになります。

私もスタッフの一人として、

踏み込んで動いていけるよう積極的に取り組んでいきたいと思います。

しゃしん1

こんにちは。

富家在宅リハビリテーションケアセンター

デイケア室の倉重です。

 

若葉が初夏の日ざしにまぶしく輝く季節になりました。

デイケアの送迎車内でも、自然の移り変わりを利用者様と楽しんでいます。

 

最近、看護師の村山さんが、こんな素敵な花を中庭に植えて下さいました。

しゃしん1

しゃしん2

 

 

これはあやめ?

花菖蒲?

それとも、かきつばたかな・・・??

 

利用者様ともあれこれ推測して盛り上がりましたが

 

どれも不正解だそうです。

 

正解は「ジャーマンアイリス」だそうです。

 

花の名前って、横文字が多くてなかなか覚えられません・・・。

 

 

最新記事

カテゴリー別一覧

月別一覧

富家病院
医療法人 社団富家会 富家病院
〒356-0051埼玉県ふじみ野市亀久保2197
TEL 049-264-8811(代表)
FAX 049-266-2287