ホーム > ナラティブブログ > 2018年 6月

月別 ‘ 2018年 6月

父の日でした2018年6月30日

こんにちは!

クリニック透析室の星です

 

梅雨に入り、ジトジトしたイヤーな天気ですね

 

6月17日は父の日でした

 

義父には、毎年恒例の育毛剤リアッ○を今年もプレゼントしました

 

喜んでもらえたかな?笑

 

いつまでも、若々しい元気な義父でいて欲しいです

 

 

 

生きていてくれている間に、もっと親孝行していきたいですね!!

 

 

 

写真は、まだまだ現役の透析室の『父』です(笑)

そわそわからの2018年6月28日

富家病院透析室

看護師 神宮です

 

患者のKさんは透析中から

帰りの時間が気になり

「おじさんはまだ?おじさんはまだ?」とそわそわ

 

そこで臨床心理室に連絡

 

ジャーン

野村さん登場!!

 

野村さんがKさんの対応をすると…

 

いつもは見られない笑顔と高い声で

顔を近づけて

「お名前はなんていうのですか?」

「あなたここにいて」

 

その姿はまるで恋をしている少女ようです

 

90代のKさん、まだまだ若いですね

 

カテゴリー:富家病院

☆今月の行事食☆2018年6月27日

こんにちは

富家病院栄養科の飯利です

 

だんだんと気温が上がってきましたね

これから本格的な夏に備えてしっかり体調を整えていきましょう

 

今月の行事食は6月17日の父の日に提供させて頂きました

 

↓常食

 

↓ソフト食

この日のメニューは

あなごちらし

鶏肉の梅肉包み揚げ

サラダ

大根の香り漬け

紫陽花ゼリーです(*^_^*)

 

患者様とお話ししていると

「食事が楽しみ」

「あのお料理が食べたい」

「家ではこんな食事だった」等

いろいろ食事に対する思いが伺えて、改めて食事の大切さを実感します

 

入院生活を送っている中でも

食事を通して少しでも楽しさや癒しを提供していきたいです(^^)

 

カテゴリー:富家病院

リビングにて2018年6月24日

こんにちは!!

メディカルホーム介護士 伊藤です

 

昼間から夜間までほとんどをリビングで過ごされるSさん

「何もやりたくない」とおしゃっていたのですが

 

旦那様に買ってきて頂いたぬり絵をお渡しすると

最初は「やらない」と…

しばらくすると

自ら色鉛筆を持ち

メガネをかけてぬり絵をはじめられました

 

理由は「お花が大好きなので、つい綺麗な色で塗ってみたかった」とのこと

理由はなんでもいいんです

楽しく過ごしていただければ

 

「手が疲れたから休憩」と言って

30分ほどでやめてしまいましたが

無理をせずに

大好きなお花のぬり絵を完成できればと

職員一同願っています

 

器用な方がたくさん2018年6月23日

富家在宅リハビリテーションケアセンター

介護士の川口美紀です

 

 

 

みなさん、こんにちは

 

ジメジメとした梅雨も本格的となり

過ごしにくい季節となりましたが

 

家庭菜園をされているご家庭では

恵の雨になっていることと思います

 

 

さて

今回デイケアからご紹介するのは「コースター」です

 

最近、手仕事がブーム?になっていまして

男女問わず器用な方が沢山いらっしゃいますので

自分のために作られる方や

バザー出店のために作って下さる方もいます

彩りよい色を選んで

素敵なコースターが出来上がります

 

上記の写真は毛糸で作った物です

バザーなどでお見かけした際には

是非手に取ってご覧頂けたら嬉しいです!

 

 

富家病院リハビリ室

理学療法士 本間みなみです

 

 

リハビリ室に、今春入職した

理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の3人を連れて

ナラティブラジオの収録に行って参りました

収録現場に着くと

すごく緊張している様子でしたが

話し始めると

とても生き生きと思いを話してくれました

 

 

 

なぜ、富家病院に就職しようと思ったのか

 

入職してから何を思い、どう感じているのか

 

なぜ、リハビリ職に就こうと決めたのか

 

など沢山話してもらいました

 

 

リハビリ室での今後の活躍が楽しみです!

 

患者さんと沢山のナラティブを紡いで欲しいと思います

 

 

カテゴリー:富家病院

こんにちは

検査科 齋藤です

 

今日は「ナラティブホスピタル」について書きたいと思います

ナラティブホスピタル 第5章では

現場のスタッフのナラティブとの出会いが紹介

されています

 

介護士の方は

ナラティブノートの看護師の書き込みを見て

接し方を学んだり理学療法士や臨床心理士の書き込みでは

自分には理解できなかった行動も「こういう理由があったのか」と

腑に落ちることもあるそうです。

 

医師や看護師だけではなく

病院の沢山のスタッフとの関わりを

ノートを介して知ることで

その人を理解していくことにつながっていくのだと思います。

 

 

 

 

ぜひ 皆さんも読んでみてください。

バラが咲いたァ2018年6月16日

こんにちは
富家在宅支援センター富士見 畠山です

居宅富士見は毎週月曜日に近況報告を職員皆で行っています

他の職員の意見に耳を傾けていると

気付かされることや自分の振り返りになります

先週

訪問先のお庭に色々な種類のバラが咲いていたので

写真を撮らせていただきました

バラの手入れをしていると時が一番楽しいとお話しされ

「バラの本数、色で色々な花言葉があるのよ」と^^

頬がほんのりバラ色になったご利用者様

どんな花言葉??

きっと旦那様に向けての素敵な花言葉 ですね

素敵な時間でした

こんにちは

メディカルホームふじみ野です

 

 

95歳の誕生日を

奥様や娘様と迎えた

○野〇○郎さま

 

ケーキもおいしく召し上がられて

とても良い顔をされています

来年もご家族様と一緒に

誕生日のお祝いすることを

楽しみにしてくださるとうれしです

 

ベトナム情緒2018年6月15日

こんにちは

富家病院病棟クラーク中牟田です

 

お気づきでしょうか?

富家病院総合受付待合室の

 

“ランタン”

 

色鮮やかで、ちょっとかわいらしい形の提灯が待合室に

飾ってあります

ベトナムの『ランタン祭り』で知られている提灯と同じものです

『ランタン祭り』とは

日本との縁も深いベトナム中部にある古都・ホイアンで毎月開催される幻想的なお祭りで古くからランタンの産地であったことが祭りの由来とされています

 

毎月、満月の夜(旧暦の14日)の19:00~21:30頃に開催され

家々の電気を消し

町が幻想的なランタンの灯りのみで照らし出されます

 

開催時間帯は歴史保存地区が歩行者天国となり

通りには屋台や露店が出て

さながら日本の縁日のような雰囲気となるそうです

 

流石に、当院では「縁日」の雰囲気ではありませんが

おしゃれなテーブルや椅子に腰かけ

お茶やコーヒーを飲みながら

いつもの日常と少し違うベトナム情緒を味わい

憩いの時間を過ごしていただけたら幸いです

 

カテゴリー:富家病院
1 / 3123

最新記事

カテゴリー別一覧

月別一覧

富家病院
医療法人 社団富家会 富家病院
〒356-0051埼玉県ふじみ野市亀久保2197
TEL 049-264-8811(代表)
FAX 049-266-2287