ホーム > ナラティブブログ > 2020年 4月

月別 ‘ 2020年 4月

可愛い保育室2020年4月30日

こんにちは、富家病院 新館の細田です。

新館のスタッフには病院の保育室に子供を預けて仕事をしている方が数人います。

私も娘を1歳の頃から預けて仕事をしています。毎朝、先生の元気な笑顔と、

月毎の変化する可愛い壁面で迎えてくれます。

先日入り口に紙で造られた人形が置いてありました。とても繊細で綺麗でした。

保育士の方に聞いてみた所、隣のデイの利用者さんより頂いたとの事でした。

なかなか祖父母に会えない娘にとって利用者の方々との触れ合いは掛け替えのない時間となるとおもいます。

皆さんも可愛い保育室覗いて見て下さい!

カテゴリー:富家病院

こんにちは!富家病院本館2階看護師 村岡です。

新型コロナウイルスの影響で、在宅で仕事されている方、

出社を余儀なくされている方、ご主人が在宅勤務でご苦労が増えてしまう主婦の方、

色々な環境下とは思いますが、皆さんはどのようにお過ごしですか?

新型コロナウイルスが収束するまで、頑張っていきましょう!

さて、富家病院では、院内感染防止のため面会が出来なくなっています。

そのため、オンライン面会を実施しています。

オンライン面会とは、来院してくれたご家族とタブレット端末を使い、

病室とつないでテレビ電話が出来るシステムです。

本館2階でも、初体験した患者さんは久しぶりにご家族の顔を見ることが出来て、

とても嬉しそうでした。やっぱり家族っていいなって心和みました。

ご家族が遠くに住んでいる、近くでも高齢だから会いに行けないという方は、

ぜひオンラインで顔を見ながら近況を伝え合う、

この方法をご利用して、コロナウイルスに打ち勝ちましょう!

カテゴリー:富家病院

こんにちは。富家デイサービスセンター苗間の中川です。

マスク不足が続いている昨今、利用者様の力になれればという事で手芸が得意な職員が
徹夜!?で布マスクを作ってくれました。その数 な・なんと30枚以上!!
ナラティブで販売した様子をご紹介したいと思います。


1枚900ナラティブ!
いろいろな柄があり、皆さま真剣に選ばれていました。
こちらは、どれにしようかな~と選んだ柄がなんと同じピンクではありませんか!
「お二人ともとても似合ってますよ~」とパチリ!


明るい色のマスクをすると自然と気持ちも明るくなるような気がしますね。

ある物を発見‼2020年4月27日

みなさんこんにちわ。メディカルホーム苗間の介護士・向後 修です。
今回はK様の趣味についてご紹介したいと思います。
ある日、居室に伺うと窓際に何か置いてある物を発見。

まだ未完成の「ブルートレイン」のパズルが置いてあり

K様に話を伺うと「パズルは趣味で10年前から始めたんだよ。500~800ピースが多いかな。」
鉄道が好きなんですね。「風景や景色が多いけど息子が鉄道好きで買ったんだよね。」と

笑顔で話され「でもこれ3年前に買ったんだけどね。」と2人で爆笑してしまいました。

プッシュ式電話機2020年4月25日

こんにちは。
富家在宅リハビリテーションケアセンター居宅介護支援室秋月です。

先日、ご利用者様宅での面談中にお部屋内の電話が鳴りました。
「ジリリリリーン」と懐かしい大きな音が響き渡りました。
電話台の上に、子供の頃見たアンティークなプッシュ式電話機が置いてありました。

「母は、この電話なら自分でタクシーを呼んだり、自由に使う事が出来るのですよ。」と、
回線工事をして、あえてこの電話機に取り替えされた経緯をご家族様より伺いました。


また電話台の横の棚には、「A」という小さな部品のついたテレビリモコンがありました。

「このAというのはなんでしょうか?」とお尋ねすると、

「インターネットで買った探し物探知機です。」と、

「A、B、C、D、E」5個ボタンのついたメインリモコンを、

ご家族様のお部屋から持ってきて見せて下さいました。

鍵やお財布、テレビや照明リモコンなど、お母様が普段よく使う物に、

あらかじめA~Eの探知機を付けておくそうです。

「なくした時も、ボタンを押せば音が鳴るので、すぐ見つかるようになりました。」と伺いました。

お母様にとって、一番使いやすく暮らしやすくなることを大切に考えながら、

古い物と新しい物を上手に取り入れていらっしゃるご家族様の思いに感銘を受けました。

お仕事を通じてめぐり合う出来事に日々勉強させて頂いております。

春なのに…2020年4月24日

こんにちは!病棟クラークの佐々木です。

今年の春は大変なことになっていますね。

世界中がコロナウィルス対策で外出できず、

家にいることを余儀なくされています。

私も病院勤務をしている以上、もし自分が感染してしまったら、

自分のせいで、他の職員や患者さんに感染してしまったら、

と考えると怖くて、休みの日もほとんど家で過ごしています。

ほんとだったら、とっても過ごしやすい一番いい時期である、春なのに…

ほんのちょっとだけ、

近くの公園に散歩しに行ったときに感じた春の陽気に元気をもらってきました。

早くコロナウィルスが終息しますように…

カテゴリー:富家病院

富家病院5階病棟 看護師刈田麻千子です

春の日差しが心地よい今日この頃です。
5階病棟のベランダには今年ものツバメがやってきました。
まだ巣をメンテナンスしている段階でしょうか?
2羽のツバメが巣に出入りしている様子が見られます。
今年はいくつの卵を産むのか、今からとても楽しみです。
ツバメの雛たちの力強い鳴き声が響き渡るのを想像し、ワクワクしています。

カテゴリー:富家病院

おまじない2020年4月22日

富家病院 透析室勤務の仙波です。

透析治療をするには多くの人は太い針を2本刺さなければなりません。

苦痛を伴う辛い治療です。

そんな時、患者さんのYさんは針を刺す時も抜く時もおまじないを一緒に言って欲しいと言います。

1本目の針を刺す時は「痛いの痛いの飛んで行けー」と2人で言います。

「飛んで行ったね」と声掛けするとYさんは「日光まで飛んで行った。」と。

2本目の針を刺す時も「痛いの痛いの飛んで行けー」と言います。

「今度はどこまで飛んで行ったんですか?」と伺うと

「仙台まで飛んで行った」と言うエピソードがあります。

週に3回、治療の度に“痛いの痛いの”はどこかへ飛んで行きます。

次はどこへ飛んでいくのかな。Yさんと痛みの旅は続きます。

それに寄り添っていくのが私たちの役目なんだと思います。

カテゴリー:富家病院

皆様、こんにちは2020年4月21日

皆様、こんにちは。

富家病院デイケアセンターに新しく入職致しました、秦一真です。

私は、昨年9月から非常勤として働いていましたが、4月より正規職員になりました。

入職式には、私の他にもたくさんの新入職員がいました。

配属先は様々ですが、理念は一つ、「されたい医療・されたい看護・されたい介護」

これを心に留めて日々精進していきたいと思います。

何よりも、利用者様一人一人に寄り添い、少しでも多くの方を笑顔にできるような、

介護士になれるよう、努力を重ねていきます。

また様々な資格取得にも挑戦していき、さらなるレベルアップを図りたいと思っています。

1日でも早く皆様のお役に立てるよう努力していきます。

これからもどうぞよろしくお願い致します。

こんにちは、メティカルホームふじみ野 介護の阿部です。

今月は、3名の入居様が、お誕生日を迎えられました。

いくつに、なってもお誕生日は、嬉しいですよね。

プレゼントもみなさん🎉とても喜んでおられました。

来年もお祝いしましょうね。

最新記事

カテゴリー別一覧

月別一覧

富家病院
医療法人 社団富家会 富家病院
〒356-0051埼玉県ふじみ野市亀久保2197
TEL 049-264-8811(代表)
FAX 049-266-2287