ホーム > ナラティブブログ > メディカルホーム苗間

カテゴリー ‘ メディカルホーム苗間

こんにちは。メディカルホーム苗間の入仲本です。

日中は暖かい日が増えて、春になったのを実感しますね。

しかしながら自粛続きで旅行も行きにくい、お花見も中止………かなしい(泣)

そんなわけで!

メディカル苗間名物“ナラティブウォール”に桜を咲かせてみました!

デデーン

↑とてもビッグなハート(愛)ですねぇ

これで少しはお花見の気分を味わえる!………かも?

ちなみに作成には入居者様にもご協力をいただきました。

ありがとうございました!

こんにちは。メディカルホーム苗間介護士の小林彩です。

メディカルホーム苗間は3月で創立2周年を迎えました。

そこで今回は緊急事態宣言が明けにオープンする【喫茶店】をご紹介させて頂きます!

1階のリビングのスペースを活用して、本棚を建てて、ソファーとイスを設置して

くるくる回る本棚も加えてできました・・・

そのくるくる回る本棚には沢山の本が置いてあります。

ノンフィクションの物や時代小説の物など部門別になっていて、いろんなバリエーションの本が沢山見れます。

この様々な絵本や、本達は全て、職員さんや入居者様たちが寄付してくれたものなのです。

な、なんと!その本の数は149冊!!

その中には・・・きっと皆さんが読んだことのある本が見つかるかもしれませんね(笑)

今は近日オープンに向けての喫茶店の呼称選手権をしております。

憩いの場所になってほしいと願い・・憩~・春だから桜~・3月1日の誕生花だから杏~など漢字一文字での名前で考えております。

ネーミング選挙の結果は・・・

杏(あんず)となりました!!

もちろん、手指消毒の徹底、本の消毒、人数制限での利用、読んだあとの消毒等、感染対策も徹底しているので安心してください。

入居者様も職員の方たちもコーヒーの香りと共に立ち寄って~

ちょっと一休みしながら~コーヒーを一杯飲みながら~本を眺めて~

ゆっくりとした時間を過ごせるような憩いの場所になればいいなと想っています。

苗間に来た際は、ぜひ、苗間喫茶へお立ち寄りくださいませ~(^▽^)/☆彡

暦の上では春2021年3月1日

皆さまこんにちは。

メディカルホーム苗間 介護士 古内です。

寒い中にも、春の足音が聞こえてくるような今日この頃。

まだまだ朝・晩さむいですが皆様お元気でお過ごしでしょうか?

先日、小さな春を見つけました。

そうそう! 梅の花です。

満開にはまだまだ早かったのですが。小さな花が、春の訪れを感じさせてくれました。

とてもよい香りで。しばらく見惚れていました。

梅の木々は中国産の花木で、朝鮮半島を経由して、日本に渡ってきたと言われているそうです。

皆様もこんな時期かもしれませんが、外にでた時は「春」を探してはいかがでしょうか。

メディカルホーム苗間の介護士・恩田です。

世界中を震撼させているコロナ禍も第三波を数え、

日本国内においても依然として猛威をふるっており、

2021年に持ち越されたオリンピックもどうなることやら…

そんな状況は丑年だけにもう沢山ですよね。何とか収まって欲しいものです。

さて、今回のメディカルホーム苗間からは遅ればせながら新年の様子をご報告していきたいと思います。

一昨年に苗間に初お目見えした職員お手製の神社「MHN苗間神社」が今年も館内に設置されました。

ささやかながら、入居者の皆様に初詣を出来る様にと

職員が業務の合間を縫ってコツコツと埃取りや修繕してまいりました。(笑)

いかがですか?とても素敵でしょう?

ちゃんと苗間硬貨や賽銭箱を用意しており、

あたかも本当の神社にお参りに来たかの様に感じて頂けるよう

お正月用のBGMをかけて入居者様の参拝を今か今かと待ち構えております。

おや…早速、参拝の入居者様がいらっしゃった様です。

鈴を鳴らしてから、神様を起こして…特製硬貨を賽銭箱に投入~!!

いったいどんな願い事をされたのでしょうね?健康?家族?世界平和?…

皆様にとって今年も一年良い年となる様、職員一同、祈っております。

深夜2時2021年1月4日

皆さんこんにちは、メディカルホーム苗間の介護士 向後 修です。

数日前の出来事です。深夜2時頃、リビングに居ると「トントントントン」と大きな音が響き渡り

「何?」と音の聞こえる方に行くとⅯ様の居室でした。

お話を伺うと「これが開かないんだよ」と謎の木箱を持っており

「この時間に謎の木箱?怪しい?」と思い開けてみると・・・・

ハサミでした。

Ⅿさんは以前、床屋さんで働いでおり段ボールの中に床屋で使う道具一式があり

深夜2時に、めったに見れない物が見れてワクワクしてしまいました。

冬至と柚子湯…2020年12月21日

皆様こんにちは。メディカルホーム苗間の介護士の黒澤俊です。

このブログが掲載される日の翌日は冬至です。冬至と言えば柚子湯ですね。

なぜ冬至の日に柚子湯なのか?諸説ありまして…

江戸時代中期に下町にある銭湯が「湯治」と「冬至」のごろ合わせで身体息災であれば

融通(柚子)が利くという洒落から始まったそうです。さすが下町粋な洒落ですね。

昔から「柚子湯に入ると病気をしない」と言います。

これは迷信ではなく医学的に証明されていて、

身体を温める事で血液の流れを良くする血行促進効果があり、

冷え性や神経痛・腰痛等に効果があります、

柚子に含まれるクエン酸やビタミンCは風邪予防になりますし、ひび・あかぎれを改善します。

驚くべきことは江戸時代の我々の祖先は柚子に含まれるクエン酸やビタミンCを知っていたのでしょうか?

それとも偶々偶然なのか?歴史って本当にすごいと改めて思いました。

明日は柚子湯に入り、身体と心をリフレッシュしましょう!!

こんな時だから…2020年12月7日

皆様こんにちは。メディカルホーム苗間の介護士の山田剛之です。

連日テレビやネットで繰り返される不安なニュースの中で…

急ぎ足で流れていく時間の中で…

何か不安というか?悲しいというか?何とも言えない気持ちになります。

でも、こんな時だからこそ、小さな喜びや幸せを探しに行きませんか?

僕は先日の夜勤明けの帰り道で小さな喜びと幸せを感じる事が出来ました。

それはきれいな紅葉です。周りに人がいないのを確かめて、

チョッとの間だけマスクを外し、思いっきり深呼吸をして、

季節の変わりゆく空気を感じ、解放感に浸ることが出来ました。

こんな時だからこそ、少しだけゆっくり歩いて…

こんな時だからこそ、職場と家路との往来で見つかる移り変わる季節を感じてみてください。

ニューフェイス!!2020年11月23日

皆様こんにちは!

メディカルホーム苗間 介護士 古内です。

最近、朝晩冷え込んできましたが体調 お体の具合はいかがですか?

私事ですが、メディカルホーム苗間にお世話になり半年が経過致しました。

入職した頃は暖かい春の陽気でしたが、月日が経つのも早いもので。

何時の間にか寒い冬の時期になってしまいました。

介護のお仕事は以前からついておりましたが、

こちらでのお仕事ははじめてなもので、何もかもが新鮮な気持ちでいっぱいです。

先輩方のご指導の下、毎日たくさんの事を教えて頂いたり、勉強させていただいたりしております。

苗間の職員としてチームに早く馴染めるよう、

又、利用者さんから信用・信頼して頂けるよう努力していきたいと思います。

「されたい介護」「ひとりひとりの物語」を意識し笑顔を忘れず頑張っていきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

メディカルホーム苗間の介護士、河野恵美です。

コロナによる自粛モードの生活にもだいぶ慣れてきた今日この頃。

最近とても感じる事、それは質の良い睡眠が、とれていないとゆう事。

日本人は、世界一睡眠が短く、5人に1人は不眠の症状で悩んでいると言われているそうです。

慢性的な睡眠不足は日中の眠気、意欲や記憶力の低下などを引き起こすだけではなく、

体内のホルモン分泌や自律神経の乱れなどに大きく影響を及ぼすと言われています。

睡眠不足の状態が続くと

1. 食欲を増進させるホルモンの分泌が増える。
2. 自立神経の乱れにより血圧の調節がうまくいかなくなる。
3. 血糖値を下げるインスリンの分泌量が減り血糖値が上がりやすくなる。

私も当てはまる部分があり、改善しようと色々調べました。

◎快眠の為のポイント
1. 日の光を浴びる→朝はまずカーテンを開けて、部屋に日の光を入れる。
2. 適度な運動→ストレッチやラジオ体操など
3. 3食しっかり食べる。寝る前の飲食は控える。
4. 寝る前のパソコン、スマホの使用を控える。→脳を覚醒させる作用があるので使用を控える。

当たり前の事ですが、お金をかけず少しの意識で改善できると思います。

まずは、私が実践して結果を次回ご報告させて頂きます。

秋の味覚2020年10月12日

こんにちは。メディカルホーム苗間の介護士・恩田雄一朗です。

寒暖の差が激しくなり、朝晩の冷え込みがより一層感じられる今日この頃、皆様

いかがお過ごしでしょうか?

昨年末から猛威を振るうコロナウイルスの脅威に加え台風の影響で

雨風の強い日が続いてなかなか秋晴れの日が見られず。

そんな中ではありますが、メディカル苗間からちょっと美味しい話題を

お伝えしようと思います。

いきなりですが、これ何だと思いますか?・・・・

すみません。見ての通りですよね(笑)

そうです。我がメディカルホーム苗間の行事食のお品書きになります。

秋は食材となる美味しい野菜や果物がたくさん実る時期でもありますよね。一口に

秋の味覚と言ってもたくさんあってどれにしようか献立に迷うところとは思いますが…

中でも、選りすぐりの山菜や時期物の旬魚・野菜を厨房の方々が

いつにも増してよりを掛けた御馳走が苗間のテーブルを盛り立てる日でもあります。

普段にはない豪華な見栄えの御膳を入居者さまにお配りすると

やはり開口一番「わ~すごい!!とっても美味しそう!」と歓声が上がっていました。

そして、一つ口に含むと・・・

歓声が再び上がると思いきや・・・

黙々と皆様、噛締めるように召し上がられておりました。ただ、箸の進みがどなたも

早いこと早いこと(笑)

人は美味しいものを口にすると無口になると言いますが、まさにそんな光景でした。

そして、空になった器を前に皆様の口々から「非常に美味しかった…ご馳走さまでした」の

声と共に満足そうな笑顔で溢れていました。(中にはおかわりを求めた方まで(笑))

食事は、味わいも去ることながら“目で見て楽しむ”という言葉があるくらい見栄えも大切なものです。

普段の食事においても五感で楽しんで頂けるよう努めねば…と

つくづく考え改まる良い機会に恵まれました。

最後に・・・おかわりを求めた入居者様のお喜びの様子を載せて締めくくりたいと思います。


追記、厨房の皆様、この場をお借りして・・・いつも美味しいご飯をありがとうございます。

最新記事

カテゴリー別一覧

月別一覧

富家病院
医療法人 社団富家会 富家病院
〒356-0051埼玉県ふじみ野市亀久保2197
TEL 049-264-8811(代表)
FAX 049-266-2287