ホーム > ナラティブブログ > 富家デイサービスセンター

カテゴリー ‘ 富家デイサービスセンター

富家デイサービスセンター 望月です。

令和4年の干支は、寅年です。

寅年には、決断力と才知の象徴としての意味があるそうです。

また、近所にある多聞院羅生門堂の濡れ縁には、身代わり寅と呼ぶ黄色い小さな寅が沢山奉納されています。

羅生門様の化身である寅に災いを託して収めたそうです。

さて富家デイサービスセンターでは、年末に、貼り絵絵馬を作りました。

シール貼り絵は、毎回好評で沢山の方に参加して頂いています。いつもありがとうございます。

とても簡単な貼り絵になっています。1人で出来る方、スタッフと一緒に作る方と方法は、

様々ですが、皆さんと充実した楽しい時間が過ごせています。

コロナ禍で活動的レクリエーションが自粛となっております。

ご利用者様の成果物と笑顔は、御家族様への何よりの贈り物です。

皆様にとってこの一年も素晴らしい年になりますように・・・

こんにちは。富家病院デイケアセンター事務の戸高です。

2021年も残りわずかとなりましたね。

今年も、デイケアセンターでは皆様と一緒に笑顔で楽しく体を動かしました。


色々な制限はまだ続きますが、2022年も楽しい時間を多く過ごして行きたいと思います。

宜しくお願い致します。

 

芋煮会2021年12月14日

こんにちは。富家デイサービスセンター 丸山です。

11月の下旬に、「芋煮会」を開催しました。

富家病院北側の坂を下ると広大な畑があり、その畑を所有する複数の農家さんが

経営する「赤一商店さん」から『福祉事業者に規格外野菜を寄贈する』という

お申し出があり、川越市社会福祉協議会さんがコーディネートされました。

里芋5キロ、大根5キロ、人参5キロを希望し申し込み、頂戴いたしました。

「規格外野菜」と言っても、スーパーで見るものと形が少しちがうだけで、みんな艶々していました。

そして、なにより美味しい。

そんな美味しい野菜で作る芋煮が美味しくないはずがありません。

「しょうゆ味」と「みそ味」の2種類を作って利用者様に召し上がっていただきました。

後で分かったことでしたが、富家デイサービスセンターの職員に「赤一商店さんの野菜のファン」が何人も居ました。

 

あきのきのみ2021年11月30日

こんにちは。富家病院デイケアセンターの介護士の小関です。

秋の木の実と言えば、

皆さんは何を思い浮かべるでしょうか?

松ぼっくり、どんぐり、など

森や林に行けば、沢山落ちていますね。

珍しい木の実を手に入れたので

デイケアに持ってきました。

大きな松ぼっくり、綿の実、オナモミ…

いわゆるくっつき虫です。

今では中々見られなくなった木の実も多いですね。

昔は沢山なっていたのでしょうか?

オナモミは服にくっつけて、どんぐりはコマにして遊びました。

懐かしいね!とのお声も頂けました。

童心に戻って、楽しんでいただけたら嬉しいです。

こんにちは。

富家在宅リハビリテーションケアセンター デイケア室の瀧村です。

6月に掲載させて頂いた男性の通いの場のその後です。

コロナ禍ではありますが、順調に立ち上がりまして、現在では参加者も20名を超えており、

サポーターさんも熱心で、介護予防センターまで歩いて来るのが大変そうな方は見守りながら一緒に来ているそうです。

まさに助けあいが生まれ、こちらとしても嬉しい限りです。

今では、逆に場所が狭くなってきて、密が心配な状況でもあるくらいです。

6月にも掲載させて頂いたように、通いの場は、地域の方々が集まり、

介護予防の体操(ふじみんぴんしゃん体操)を実施するグループです。現在、ふじみ野市内は40ヶ所近くあります。

この男性のみのグループはその名も『め組』というグループ名です。

毎週水曜日10時~活動しています。

参加したい方や、参加を促したい方などいらっしゃいましたら是非ご紹介下さい。

3周年2021年11月16日

こんにちは。言語聴覚士の佐藤です。

先日、11/1で富家デイサービスセンターは3周年を迎えました。

3周年を記念して、ご利用者様が日々作成したものを展示する「作品展」を研修棟の1階をお借りして開催しました。

作品展をご覧になった富家病院の職員の方々からも「これ〇〇さんが作ったの!?すごい!」などとお言葉を頂き、

富家病院に入院されて在宅に戻られた方の元気にお過ごしになる姿も感じて頂けたのではないでしょうか。

作品展開催中は、デイサービスにて午後のレクリエーションの時間を中心に作品展を見に行くツアーを開催。

ご自身で作ったものがどう展示されたのか見に行く人、今回は展示を見送りましたが、

仲良しの利用者様の作品を見つけて喜ぶ人、様々な表情が見られました。

季節は「芸術の秋」。また来年へ向けて作成の意欲が高まりますね!

されたいリハビリ2021年11月2日

こんにちは

富家病院デイケアセンター 介護士の佐藤です。

富家病院デイケアセンターでは、休憩時間や終業後に自然に職員が集まり、勉強会が始まります。

先日は、利用者様になったつもりで理学療法士の施術をうけてみました。

「先生、腕がまっすぐ上がらないんです・・・。」

「ここの筋肉が固くなっていますね、ほぐしてみます。」

(うーん、ちょっと痛い・・・けど気持ちいいな・・・)

「姿勢をこの様に改善するように意識してください。」

(なるほど・・・私は普段そういう姿勢だったのか・・・。)

体の動かし方や、ストレッチのやり方などを教えてもらい・・・

「さあ、腕を上げてみましょう。」

!!!

あがった・・・!まっすぐ上がります・・・・。

驚きと喜び、そして身体に対する意識がちょっと変わったかも・・・。

利用者様の側になってみることで、普段、利用者様が見ている視線・音・感覚など、

私たちが気が付かなかったこともある事に気が付きました。

富家病院の理念「されたい医療・されたい看護・されたい介護」

されたいを知るためにされてみる。

勉強になりました。

こんにちわ。富家デイサービスセンターの言語聴覚士 山口礼子です。

富家病院のお向かいの研修棟、保育室、ハイブリッドデイの建物の周りには

いろいろな草木が植えられており、四季を通じて目を楽しませてくれます。

春に早々と花を咲かせる桜、桜が散ると建物のまわりに植えられたたくさんの

竹が青々として室内からも豊かな青い葉が風にそよぐのを楽しめます。

七夕にはその数本を室内に飾って願い事を書いた短冊を吊りました。

長雨の季節には其の厚い葉の上に雨粒を乗せるつわ蕗が竹の根元で元気です。

夏にはゴーヤの実がなり利用者様が蒔いた風船かずらも次々実をつけます。

ダリアが咲いたりコスモスが咲き始めると研修棟の前の金木犀が芳香を放ち

夕方から夜になると車が走る道路にまで鈴虫の大合唱が聞かれます。

秋が深まり木々が紅葉し始めるとクリスマスや年末そして新しい年も予想されます。

これからはどんな草木が出てくるのでしょう。

地上の楽園バリ島をイメージして建てられたハイブリットデイの

これからの季節もご一緒に自然を楽しみましょう。

Free 一筆箋2021年10月5日

富家病院デイケアセンター リハビリの久保です。

ご利用者様が自由に記載できる一筆箋を用意しています。

気になって書いてくださる方もおり、素敵なメッセージを書いて頂きました。

その中で、4つほど載せさせてもらいます。

秋についてや、施設について書いてくださる方が多いです。

皆さんも秋についての一筆を書いてみてはどうでしょう?

大好きな利用者様2021年9月21日

こんにちは!

富家デイサービスセンター看護師の山口です

ここ最近利用者様が施設に入所するという事で退所されました。

その方は元気で明るいゴルフが大好きな女性でした。

ご利用最後の日は、又、明日来所されるような感じでさよならとしましたが、

自分の心の中では淋しい気持ちもありました。

いつまでもお元気でいて欲しいと願っています。

最新記事

カテゴリー別一覧

月別一覧

富家病院
医療法人 社団富家会 富家病院
〒356-0051埼玉県ふじみ野市亀久保2197
TEL 049-264-8811(代表)
FAX 049-266-2287