ホーム > ナラティブブログ > diary

カテゴリー ‘ diary

みなさんこんにちは!

大井苑のジュンとスタッフのエピソードを漫画化した「大井苑の犬」第七話を掲載いたします。

次回10月28日(金)更新予定

FacebookやInstagramにも同時掲載されますので、そちらも観てください!

Facebookはこちら

インスタグラムはこちら

カテゴリー:diary, 大井苑の犬

こんにちは、富家デイサービスセンター介護士の田中です

近頃、コロナ関連のニュースばかリ流れていて利用者の方と話内容もそうしたものが多くなってしまっています。

なんとか楽しい話題を提供しながら過ごしてもらっています。

イベントなども取り入れ、明るい話題を提供できるようにしております。

ちなみに本年も1月よりデイサービス内に鳥居を立てて利用者様に初詣の体験をしていただき写真や絵馬の作成などを行いました。

感染対策をしっかりとして、皆様が安心して過ごせるようにしていきたいです。

早く終息して明るく過ごしていきたいです。

カテゴリー:diary

されたい看護2019年1月10日

明けましておめでとうございます

5階病棟看護師川名です

 

新年を迎えたかと思っていたらもうすでに10日!!

まだ、私は初詣に行けていません

 

皆様は初詣には行かれましたか?

 

人混みも落ち着いた頃に行くのも良いのではないかとおもいつつも

今月中には行かなければと思っています!

 

 

患者様のS様との関わりについてお話しします

 

S様は先月入院されました

 

食欲があまりなく

私たちは食事中いつも気にかけ

お側で見守っています

 

お食事はあまり気が進まないご様子ですが

食事中にはたくさんの色々なお話をされます

 

「私はね、好き嫌いはないのよ」

「喫茶店のコーヒーが好き」

「戦争で疎開してた頃はね・・・」など

 

 

時々浮かない表情で

「何でこんな風になっちゃったのかしら」と話されることも

 

 

 

S様が穏やかにお過ごしいただけるように

美味しく食事を召し上がっていただけるように

 

職員皆でお手伝いさせていただきます

今年も頑張ります

カテゴリー:diary

富家在宅リハビリテーションケアセンター

デイケア室 介護士の田中です

 

 

今年の冬は暖冬と言われていましたが

 

年が改まってより、寒さもいよいよ本格的になってまいりました

 

皆様は今年の初詣でどんな願い事をされたのでしょうか

 

 

 

 

今日のブログでは昨年のクリスマス会のお話しをしますね

 

デイケア室では

クリスマスの飾りで賑やかになったフロアにサンタクロースが

プレゼントを配りにやってきてくれました

プレゼントは

『クリスマスリースのストラップ』と『金魚草の鉢植え』です

 

鈴の音を鳴らしながら登場したサンタさんに

みなさんとても喜ばれており

いつも以上の笑顔をたくさんみることができました

 

 

金魚草の花言葉は「おしゃべり」だそうです

 

デイケア室のクリスマス会を

 

ご家族や大切な方に「おしゃべり」されたことでしょう

 

 

 

まだまだ先ですが

今年のクリスマスのプレゼントは

何にしょうかな

カテゴリー:diary

こんにちは!

メディカルホーム看護師の新井です。

今回は、ナラティブホスピタルの一部を紹介します。

 

*理想は「世界最高のホスピタリティ」

例えとして

東京ディズニーランドが引き合いに出されるが

そこは一丸となって「そこで過ごす楽しさ」を提供している。

スタッフそれぞれの仕事の役割はあれど

ゲストにどんな思いを感じて欲しいかという目的は皆一致している。

 

単に病院として治療を行うのではなく

それ以上に

自分がされてうれしいと思うことを追及したい。

過ごしていて楽しいとすら思える病院

最高のホスピタリティを提供する施設

それが富家理事長の考える

患者第一の病院の理想像です。

 

ワン・トゥ・ワン・マーケティングも高いブランド力を誇るナラティブホスピタルにしていきましょう。ぜひ、読んでみてください<m(__)m>

願が叶いますように2017年1月20日

こんにちは

富家在宅リハビリテーションケアセンター 看護師 梅田です。

正月三が日は陽差しも暖かく、穏やかな正月でしたね。

松も明け、お屠蘇気分もぬけ、正月太りだけ残ってしまいました。

 

皆さんはお屠蘇を飲まれましたか?

お屠蘇は、屠蘇散をみりんや清酒につけて作りますが

薬局の方以外誰も知りませんでした。

こうして日本文化が少しずつ消えていくのでしょうか。寂しいものです。

 

しゃしん4

ところでディケアは4日がリハビリ始めでした。

朝、新年のあいさつを交わした後、お屠蘇の代わりに甘酒で乾杯!!

しゃしん3

 

酉の絵馬にそれぞれ願い事を書いて頂きました。

しゃしん1

 

  • 手と足が治りますように
  • 元気で一年過ごせますように
  • 高額宝くじが当たりますように  等々

 

 

フロアにしつらえてある富神社に納めましたが、

しゃしん2

この富神社 いかにもあやしい・・・・。御利益はいかがなものか??

 

 

みなさんの願いがどうぞ叶いますように。

 

 

 

 

こんにちは、富家病院栄養科の飯利です。

今年も残り数日となりました。

充実した一年を過ごせたでしょうか(*^u^*)

寒くなってきたので11月からねぎとろの提供が開始になりました♪

やっぱりお刺身はとても人気があって、提供前も患者様から

「ねぎとろはいつ出るの?」と聞かれていました。

常食↓

%e3%81%97%e3%82%83%e3%81%97%e3%82%93%ef%bc%91

ソフト食↓

%e3%81%97%e3%82%83%e3%81%97%e3%82%93%ef%bc%92

12/21の夕食もお刺身を提供し、お刺身に行事食にと

食事の楽しみがより多い月になれたかなと思います♡

おやつでケーキ等提供した日でしたが、いつもより残食が少なかったです(^^)

 

12/21にはクリスマス会があり、ショートケーキと

ケーキを食べられない方にはチョコレートムースをご用意し

提供させて頂きました(^^)/

%e3%81%97%e3%82%83%e3%81%97%e3%82%93%ef%bc%93

12/24にはクリスマスメニューをお出しし

明るい食卓が提供できたかなと思っています♪

常食↓

%e3%81%97%e3%82%83%e3%81%97%e3%82%93%ef%bc%94

ソフト食↓%e3%81%97%e3%82%83%e3%81%97%e3%82%93%ef%bc%95

 

 

年末の12/31には年越しそばを予定していますのでお楽しみに\(#^.^#)/

年越しそばを食べて、今年一年の厄災を断ち切り、来年も穏やかな日々を過ごしましょう(^^)

 

カテゴリー:diary, 富家病院

こんにちは 富家病院介護士の関根です。

早いものでもう12月ですね。

今年も残り1カ月となりました。

 

そろそろクリスマスがやって来ます。

病院の中も街の中もクリスマスの飾りでいっぱいです。

本当に綺麗ですね(^^♪

%e5%86%99%e7%9c%9f1

 

%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%92

 

我が家はここ何年もクリスマスの飾りも出していません。

今年こそは飾ろうかな…

カテゴリー:diary, 富家病院

この1月に92歳になったばかりのⅠ氏はいつも背筋が真っ直ぐ。やや難聴がありますがおっしゃる言葉が最近ハッキリしてきたと主治医の先生から言われるそうです。

約2年前に脳こうそくで倒れ失語症になりました。

ちょっと前のことを時々忘れてしまいますが、そんなことに頓着なし。趣味は絵を描くこと。

Ⅰ氏のデイの一日はエレベーターで2階に着いたときの 笑顔と「おはようございます」の声から始まります。

バイタルチェック、血圧も体温もいつも理想的。朝の挨拶、体操、言語訓練、嚥下体操、お食事、歯みがき、お昼寝までをきちんと毎回クリアされ、お昼寝からから起きて来られると このあいだまではまっしぐらにご自分のテキストを開いてSTと一緒に問題を解いて字を書く練習をされていました。

最近は数人で声を出して文章を言う練習を楽しまれています。

その後もハーモニカ練習、ビデオ体操、レクリエーション、おやつ、そして終わりの歌を歌うまで皆さんと一緒に全部参加。

1年ほど前にご家庭を訪問した時、奥さまが≪デイには仕事に行くつもりで行っています≫とおっしゃっていました。

おうちではほとんど横になっている姿しか見たことがなかったケアマネージャーさんは、デイでのご様子を聞いてびっくりしていました。

「いつでも疲れたらお休みになって下さい」と申し上げて始める今日も夕方になって「もう、帰ったらたくさんお休みになって下さいね」と言ってお送りする毎回です。

穏やかで心身共にいつも真っ直ぐなⅠ氏はいつも皆さんの目標です。今まで通りずっとマイペースで通っていらしてくださいね。

20150310

ボードの絵と字をさっと真似て。

カテゴリー:diary

100通りの人生2015年2月21日

こんにちは。富家病院相談室です。

当院へ入院された患者様の生活歴を伺うと、

10人いれば10通りの、100人いれば100通りの人生があるんだな、といつも感じます。

 

このナラティブブログでもそう。

体が思うようにならなくても、毎日体がしんどくても、生活していくこと。

自分しか持っていないもの、自分に与えられたもの、とにかく今 自分にあるものを背負って生きている患者様・利用者様の毎日が綴られていて、あらゆる自分を受け入れていく強さに感嘆してしまいます。

 

患者様の今だけを見るのではなく、その方の生きてきた過程に思いを馳せることが大切で、その方の人生を理解することはできなくても、少しでも近づけるよう寄り添ったケアができるようこれからも努めていきたいと思います。

カテゴリー:diary

最新記事

カテゴリー別一覧

月別一覧