ホーム > ナラティブブログ > メディカルホームふじみ野

カテゴリー ‘ メディカルホームふじみ野

お誕生日会2020年11月16日

こんにちは、メディカルホームふじみ野大賀です。

お誕生日をお祝いさせていただきました。

居室にて、旦那様からプレゼントと、

皆でHappy birthdayソングを歌い、記念写真を撮りました。

いつまでもお元気でいてください。

お誕生日おめでとうございます。素敵な1年を☆

誕生日プレゼント2020年11月2日

こんにちは、メディカルホームふじみ野介護 西村です。

10月2日に83回目のお誕生日を迎えられたK・S様。

御家族様からプレゼントのお花が届きました。

現在、メディカルホームではコロナウィルスの影響により、

面会謝絶となっており御家族様としばらく会えていなかったK・S様ですが、

この時ばかりはとても喜ばれていました。

K・S様にとって素晴らしいお誕生日となりましたね。

コロナウィルスが沈静化し、早くK・S様が御家族様と面会できる日が来ることを

我々スタッフ一同、願っております。

患者様に必要なもの2020年10月19日

メディカルホームふじみ野 山﨑万寿美です。

先日、70代のALSを患っている方が入居されました。

定年までお仕事を続けられ、バリアフリーのマンションを購入された直後に発症したそうです。

訪問サービスを利用しながら胃ろうを自己管理して過ごしていましたが、

いよいよ自力での生活が困難となりご友人、ご家族と共に入所されました。

球麻痺症状があり、会話が出来ないので普段はタッチパネルや

スマートフォンを利用してコミュニケーションを取っています。

室内に手すりをつけたり、ウォシュレットの位置を変更したりして、

できる限り自分のことは行ってもらえるよう工夫していますが、

便秘が続き、以前使用していた内服薬を投与すると、失禁してしまったとのこと。

「今まで出来ていた事が出来なくなって悲しいのですね」と

声をかけると嗚咽しながらうなづいておりました。

経管栄養とバイタルサイン測定以外では、

あまり訪問看護の機会がない方ですが、意識はしっかりしている方です。

今はコロナウイルス感染予防を避けるため、厳しい面会制限があります。

家族や友人の方々も気軽に顔を出せなくなっている環境で、

入居者の皆様も気持ちが落ち込んでおります。

身近にいるスタッフには、より一層温かな声がけや対応が求められているように感じます。

忙しくなるとついおろそかになってしまいますが、

「されたい看護」の精神を忘れないよう、気をつけて対応していきたいと思います。

保護猫2020年10月5日

皆様こんにちは。メディカルホームふじみ野・介護士の箱田です。

今回、私がメディカルホームで保護した猫について紹介させて頂きます。

今年6月中旬の早朝日曜日。メディカルホームの裏玄関にある傘立てに

子猫がうずくまって居る所を発見。

母猫は見当たらず。

捕まえようとした所、暴れて抵抗しましたがなんとか段ボールに入れました。

段ボールの中でシャーシャー威嚇が止まらず大丈夫かなぁと思ったのですが

引き取ろうと心に決め、家に連れて帰りました。

生後2ヶ月位だし、そのうち慣れるだろうと高を括っていたのが大間違い。

全く触れず、すぐ狭い所に逃げ込んでしまいケアができません。

かろうじてご飯は人間の目の前で食べ、トイレも覚えていい子なのですが…。

3ヶ月経った今も全く慣れず…。

今はケージ生活がメイン。毎日ケージから出して慣れさせようとしていますが人間の近くには絶対来ません。

猫飼育初心者で、心が折れる時もありますが大事に育てようと思っています。 

こんにちは!メディカルホームふじみ野 介護小暮です。

残暑の厳しい日が続いていますが、朝晩は鈴虫の声が聞こえてきて少しずつ

秋の気配が感じられますね。

さて、先日入居者様のお誕生日のお祝いを行いました。

今年はコロナウイルスの影響で様々な制限があり、

気分が落ち込むことも多く見受けられました。

ささやかではありますが、少しでも気分が晴れやかになりますように。

これからもお元気に過ごしていきましょう。

こんにちは、メディカルホームふじみ野介護士、蓮です。

メディカルホームのあちらこちらに飾れているこの飾りを目にした事はありませんか?

これらはY様の作品です。

手先がとても器用な方でいつもお部屋で作品作りに没頭しています。

ご自分のお部屋にも沢山飾ってあるのですが

最近はお世話になっている方に差し上げる為にせっせと作っています。

お食事用意してもらったり、透析に連れて行ってもらったり

私いつも皆にお世話になってるの。

私、これくらいしか返せないからと微笑まれるY様。

作品が出来ると嬉しそうにこれは誰々さんにあげるのよ!と話してくれます。

いつも感謝の気持ちを忘れないY様。

私もY様のように感謝の気持ちを忘れずにいたいと思います。

A棟1階お誕生日会2020年8月24日

皆さん、こんにちは!! メディカルホームふじみ野 介護、板倉です。

6月のA棟1階はお誕生日、入居者様がなんと…3名もいらっしゃいました。

皆さん、おめでとうございます!!

毎年、お誕生日が多い月ですと、お菓子作りのレクなどをやっていましたが、

今年はコロナも流行していて、大勢で集まって

行うことが何もできないのが残念です。

旅行が好きな私も珍しく、おとなしくしていますが…(笑)

話は変わりますが、お誕生日の3名様は皆さん、プレゼントを大変喜んでくれたので、良かったです。

笑顔で写真も撮れたので、ぜひ家族にも観てほしい。と1人の方はおっしゃっていました。

久々のプレゼントと写真はやっぱり嬉しいようで…(^^)v

今後は誕生日以外でもたくさん、写真撮りましょうね!!



リメイク2020年8月17日

皆様こんにちは。メディカルホーム苗間の介護士黒澤俊です。

先日の話ですが‥広島県に住んでいる友人から、

未だコロナウイルス終息の出口が見えず、不安な日々を送りながら、

業務に励む介護士さんへプレゼントということでマスクが届きました。

さすが広島県民。広島カープのマスコットキャラクターのカープ坊やと

スライリーくんのマスクでした(笑)。

実はこのマスク、お子様が大きくなり、着られなくなったTシャツをリメイクしたものだそうです。

その子が子供の頃に「大人になったらカープの選手になる」と言いながら着ていた、

お気に入りのTシャツ。そのTシャツが立派なマスクにリメイクされました。

彼はプロ野球選手になりファンに夢と希望を与える事は出来ませんでしたが、

現在は、北海道と関東を結ぶフェリーの航海士として、旅行者に夢と希望を与えています。

彼の夢も見事にリメイク出来たようで、とても嬉しく思いました。

リメイクって物だけでなく、人の夢や希望も出来るものなのですね。

コロナで疲れた心が潤いました。本当にありがとうございました。

元気が一番!2020年8月10日

こんにちは。メディカルホームふじみ野 介護士前田です。

「おはようさ~ん!」いつも元気に食堂にこられるM様。

食後、薬を渡すと「いつも悪いね~。」「声が大きくてごめんね。だけど、元気だから

大きな声が出るんだ~。元気が一番!」と話されます。

その元気な声に、いつも活力をもらっている気がします。

これからも、元気な声を聞かせて下さい!

興味深々2020年7月27日

こんにちは!メディカルホームふじみ野介護の水野です。

今日は2階C棟に新しく来たベタちゃんの紹介です。

ベタは闘魚とも呼ばれていて、なんと同じ水槽にいれてしまうと

猛烈に戦うところからそう呼ばれているそうな……。

また光の加減で見え方も変わります。メタリックブルーのようにみえる時もあります。

ちょうど2階のC棟はキャンディーちゃんがよく来るところで、

毛繕い場の前に水槽があるのもあり。興味深々なキャンディーちゃん。

・・・・・・・と思いきやその水槽の下においてあるお気に入りの

マタタビの枝が本命だった様子のキャンディーちゃんでした。

最新記事

カテゴリー別一覧

月別一覧

富家病院
医療法人 社団富家会 富家病院
〒356-0051埼玉県ふじみ野市亀久保2197
TEL 049-264-8811(代表)
FAX 049-266-2287