ホーム > ナラティブブログ > 富家病院 > 安全のための工夫

安全のための工夫2018年7月26日

富家病院 透析室看護師 林です

 

 

透析中に度々帰宅したいと起き上がってしまうNさん

 

起きあがってしまうと血圧が低下してしまうため

臨床工学技士の松本さんがNさんのために

 

 

【ただいま透析中】

 

と書いた紙を

Nさんの見えるところへ

ペタン

 

松本 「何て書いてあるかわかりますか?」

 

Nさん 笑みを浮かべながら

「わからないよ」

 

松本「本当はわかっているんですよね」

 

 

紙を貼ってから

起きあがる事が減ったNさんですが

時々は

起きあがろうとしてしまい透析室スタッフから

 

「Nさん何て書いてありますか?」

 

とお声をかけると

笑みを浮かべながら

またベッドで横に…

 

 

患者様の長い透析時間を

安全に行えるように

工夫していかなければいけないな

と思う出来事でした

 

 

 

カテゴリー:富家病院

最新記事

カテゴリー別一覧

月別一覧

富家病院
医療法人 社団富家会 富家病院
〒356-0051埼玉県ふじみ野市亀久保2197
TEL 049-264-8811(代表)
FAX 049-266-2287