ホーム > ナラティブブログ > 2018年 5月

月別 ‘ 2018年 5月

こんにちは

富家在宅リハビリテーションケアセンター デイケア室の塩釜です

 

あるリハビリ中の様子

 

 

T様が

いつものようにスクワットを黙々と行っています

よく見ると

両足の間にボールが

このままスクワット!!

簡単そうに行っていたので

この後

私もやってみましたが

これが意外と難しい

 

ボールが上手い具合にはさまってくれないし

動くたびに落ちるし

 

そんな私の姿を見て

T様は苦笑い

 

 

やっぱり、リハビリは継続こそ力なりです

 

感動の再会2018年5月29日

富家病院 透析室看護師 明石です

 

最近、あまり元気のない様子のTさん

 

普段の様子をうかがっても

Tさん「ごはんがあまり食べられない」

と、寂しそうにつぶやいて会話は終了

 

そんなTさんにサプライズ!

 

本日 けがのため2ヶ月お休みしていた看護師のSさんが戻ってきます!

 

Sさんがいない間もTさんはSさんのことをずっと心配していたぐらい

二人は仲良しなのです♪

 

 

さあ、感動の再会へ

Tさん「…誰??」

 

おや…?

 

しかし、最初はSさんと分からず混乱していたTさんも

 

Tさん「足は良くなったの?」

 

Tさん「ほんとはとんかつが食べたい」

 

と、笑顔で話に華を咲かせています

これには私も

少しジェラシー…

ですが

これもSさんとTさんの昔からの信頼関係からなせるものですね♪

 

久しぶりにTさんの楽しそうな声が聞こえた午後の透析室でした

カテゴリー:富家病院

皆様 こんにちは!

メディカルホーム・看護師の新井です

 

今回は、ナラティブ・ホスピタルの一部をご紹介します

 

「一人の患者をみていくうえで、その人の病歴だけでなく、その人の今までの人生の≪物語≫を知ろう。

そして、これから患者さん、家族、病院スタッフで、その人の≪物語≫をつくっていこう」

ナラティブ・ホスピタルは、このような発想から始まりました。

行きずりの医療提供者と患者の関係で終わるのではなく、その人の人生に関わっていこうという姿勢です。

ナラティブのアプローチでは、もう1歩踏み込んで、その人の歴史を知ろうとします。

寝たきりだったり、体の自由が利かなかったりして、思うようにコミュニケーションすらとれない患者、入居者も少なくありませんが。

それでもまだその人の人生は動いているはず。

そのことをスタッフが肝に銘じ、一日一日を一緒に過ごしていくのです。

 

ワン・ツゥ・ワン・マーケティングも高いブランド力を誇るナラティブにしていきましょう! ぜひ読んでくださいね

再オープン2018年5月26日

富家在宅支援センター富士見の北川です

 

4月より富家在宅支援センター川越から

支援センター富士見へ異動となりました

 

またこれまで2名体制であった富家在宅支援センター富士見が

新たに4名体制の事業所として再オープンとなりました

 

4名のケアマネジャーで

毎週ご利用者様の支援に対する検討会や

介護保険・ケアマネジメント等に関する勉強会を行っています

 

また富家在宅リハビリテーションケアセンターのケアマネジャーとも

定期的な会議や勉強会を行い情報の共有やケアマネジメント技術の向上に努めています

 

今後も富家グループにおける富士見市の相談窓口の拠点とし

在宅介護に関するご相談に全力で対応させて頂きます

 

場所は

これまでと同様に

みずほ台駅徒歩2分のマンション1階になります

お近くに来られた際には是非お立ち寄りください

1階の美容室さんのマネキンが目印になっています(笑)

こんにちは

富家病院栄養科の飯利です

 

日中、日によっては日差しが厳しくなってきました

夏が徐々に近づいてきていますね

喉が渇いていなくてもこまめに水分補給をしていきましょう

 

5/23(水)当院の運動会には

普段より移動等も多いため

おやつにイオンサポートゼリーを提供しました

 

また5月の行事食は

13日の母の日に提供しました

常食

 

ソフト食

普段白いご飯が多いのでたまに押し寿司等が出ると華やかで嬉しいですね

 

これからどんどん暑くなっていきますが

暑さに負けず元気に過ごしていきましょう(^^)/

 

カテゴリー:富家病院

夏の気配感じて2018年5月24日

富家病院リハビリ室 理学療法士の中園です

 

春の陽気から陽射しの中に夏の気配が感じられる様になりました

 

病院のベランダに患者様と外にでると日差しがまぶしい陽気です

 

4月入職の新入職員と

患者様が

一緒にリハビリする様子も

多々、見受けられリハビリ室も和気藹々としております

 

今月も新しいスタッフと共に患者様との楽しい

笑顔にあふれる時間を沢山共有していきたいと思います

カテゴリー:富家病院

メタボ健診2018年5月23日

こんにちは

富家病院検査科科長の大竹です

草木も青々と茂り過ごしやすい季節もつかの間

梅雨がそろそろと忍び寄ってきていますね

 

6月から

40歳~74歳を対象とした特定健診が始まります

 

通称メタボ健診

 

病気の早期発見。早期治療を目的としています

 

 

生活習慣病は自覚症状がないまま進行するため

検診は

生活習慣を振り返る絶好の機会です

 

 

自分は健康だから

悪いところはないからと

先のばしにせず早めの健診をお薦めします

 

男性は会社で健診を受ける機会があると思いますが

専業主婦の方、パートの方などは後回しになりがちです

 

病気になると困るのは

自分はもちろん、旦那さんはじめご家族です

 

採血は痛いから苦手… という方も結構いらっしゃいます

当院の検査技師の採血は痛くないと評判です!

是非とも痛くない採血を体験しに健診を受けて診てはいかがですか?

 

 

カテゴリー:富家病院

こんにちは!

富家リハビリセンター苗間の馬場です

 

先日苗間に阿波踊り団体「健」の皆さんがやってきました!

こんなに至近距離で阿波踊りが見られるなんて贅沢ですね♪

太鼓と鐘、掛け声の迫力に利用者様も魅了され

昔を思い出して涙する人もちらほら…

 

最後は皆で「やっとさー!やっとさー!」

と声を出しながら阿波踊りに参加♪♪

お祭り気分で心も躍る一日となりました(*^^*)

 

こんにちは!

メディカルホーム看護の新井です

 

今日はナラティブ・ホスピタルの一部を紹介いたします

*ナラティブ・ホスピタルの目的意識にあるのは

「いかにして医療の現場が『最期』のレベルを上げるか」にあるといえる

人生のエンディングに向かうパートをいかに「読み応え」のある物語にしていくかを現場が工夫し、行動していくことがナラティブ・ホスピタルである。

職種ごとに仕事に対する従来ながらの価値観の垣根をなくし「みんなで一緒」に考える。

現場一人ひとりの意識を変えていくことが必要である。

 

 

ワン・トゥ・ワン・マーケティングも高いブランド力を誇るナラティブ・ホスピタルにしていきましょう!ぜひ読んでみてください

お散歩2018年5月19日

こんにちは

富家在宅リハビリテーションケアセンター

デイケア室介護士 小泉です

 

先日デイケアのアクティビティの時間に

近所の公園に散歩に行きました

 

 

小さい公園ですが参加された方は

皆様笑顔で楽しまれていました

 

新緑の中

少しの時間ではありましたが

良い気分転換になったのではないでしょうか?

最新記事

カテゴリー別一覧

月別一覧

富家病院
医療法人 社団富家会 富家病院
〒356-0051埼玉県ふじみ野市亀久保2197
TEL 049-264-8811(代表)
FAX 049-266-2287